fc2ブログ

はい*らいの帳面。

趣味とメモ的な日記です。

文才無し

拍手やコメントありがとうございます。

新幹線からホームに降りる。
誰も居ない。音も無い。
新幹線は発車する。

ホームの階段下りるところで人に出会う。
男と女。
男は眼鏡かけた柔和な感じ。
女はかわいらしい感じ。
二人の服装は真っ白いけど神父服みたいなの。
「宗教関係?」と思いつつ二人に続いて階段下りる。

女の後頭部見てギョッとする。
頭に乗せた帽子の隙間から見えるのはボーズ頭。
それはファッションではなく手術かなんかで毛を剃ったのがボーズと呼べるくらいに伸びてきた感じ。
前から見たときは帽子から前髪出てかわいらしく見えたのだが。

2つ3つ踊り場過ぎてもまだ階段は下る。
やっと階段が無くなると、そこはベッドがズラーッと並んだ病院のようなtころ。
いや、「ような」ではなく、病院。ベッドに寝てるのは皆頭に包帯巻いてたし。
そこに寝ているのは全員子供。
やっと生きている感じの。
奇妙なのは皆頭に管のようなモノがつながっているというか刺さってること。
SFみたいな脳外科手術でもされてるような。

ホームから階段下りていって、何でこんな所に病院?
ここに居るのは場違いだ。
きっと俺が間違ったんだろう。
病院への直通通路かなんかに(駅ビルとかにもあるじゃない)。
でもあの二人は何処へ行った?

ベッドで寝ている子供と目が合う。
全員俺を見ている。
生気がまるでない目で。

俺はホームに戻りたいが動けない。

動けない俺は気づく。
マスクしてない。
そんなことはどうでもいいのだが・・・
俺は間抜けにもポケットからマスクとりだして着けた・・・ところで目が覚める。

・・・コレ、今朝みた俺の初夢w

まだ外は真っ暗。
時計見たら6時前。
半端すぎて二度寝もできず。

思い出して書いてみたが、俺が感じた気味の悪さが伝わらないなw
スポンサーサイト



  1. 2023/01/05(木) 01:31:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2